美ボディをつくろうとする意思は人生も変えてしまう

目次

美ボディメイクは人生を変える

例えば失恋がきっかけだったり、体調不良がきっかけだったりで、ダイエットや体質改善をする時がありますよね。

こういう自分の体にとっていいことをすることは、内側からも外側からも美しいボディをつくっていくことに繋がるのですが、さらに人生さえも変えてしまいます

わたしの人生を変えた慢性蕁麻疹

これはわたし個人の経験ですが、忙しさを言い訳に食事はファーストフードをよくとっていた時期がありました。

肌のきれいさには自信ありましたが、夜になると顔や体に出てくる蕁麻疹に悩まされました。

新品のユニ○ロのTシャツを、洗わずにパジャマで着用した時に背中一面真っ赤になって、蕁麻疹が出た時に「これはいくらなんでも体がおかしいことになっている」と気づきました。

その時に食事見直して、化学調味料・人工甘味料がはいってるものはすべて摂取するのをやめました。

もちろんファーストフードやコンビニ食もすべてです。

  • 飲み物は基本水
  • お米は玄米と雑穀米
  • 料理に使う油はオリーブオイル・ココナッツオイル・ギー
  • 料理に使う砂糖などははちみつやブラウンシュガー
  • 野菜はなるべくローカルの無農薬や有機野菜

こうやって食事改善をしただけで、蕁麻疹は発症しなくなり、アレルギー性鼻炎・肩こり・偏頭痛といった、体調不良といえる症状がすべて消えたのです。

体が健康になっていくと体を動かしたくなる

体の不調がなくなっていくと、なんだか体を動かしたくなってきたんです。

それまで体内では不調な箇所を治そうとしていたのと、不自然な食べ物を消化して分解しようと必死だったのです。

なので運動をしようとするスタミナを持たせることも難しかったし、運動したところで効率のいい運動はできなかった。

体が健康になり正常に機能するようになることで、運動をするスタミナが生まれるのです。

そして美ボディづくりにも、痩せたいと思う人は必ず筋肉をつけることが必須です。

ジムに通うようになったのも、食事改善を初めてからそう遅くはありませんでした。

食事でマインド:思考が健康的になる

例えば人工甘味料でいえばシュガーフリー系の清涼飲料水にも入ってますし、カロリーを抑えるのにお菓子や加工食品によく使われます。

よく使われてるのが、スクラロースやアスパルテームが成分表示に書かれています。

人工甘味料は通常の砂糖の200〜600倍の甘さがあるので、少量で食品に甘さが出せます。

白砂糖やはちみつも十分甘いので、量が少なくなるならいいと思うかもしれません。

ですが人工的に作られたものが、果たして体にいいといえるでしょうか?

人工甘味料の危険性
  • 発がん性
  • うつ症状
  • パーキンソン病
  • 内臓異常
  • 精子異常
  • 成長遅滞  etc

といっても現代社会では完全に避けるのは難しいので、加工食品などを購入するときは成分表示を確認しましょう。

そして危険性の欄にもあるように、うつ症状の原因ともなるということはマインドが病んでしまうということ。

クリーンでナチュラルな食事をすることで、思考がクリアになっていくのです。

このTEDのスピーチでも、消化器官(胃や腸)は第2の脳とも言っているように、わたしたちの脳は食べ物によって考え方や態度・行動が変わってきます。

わたしは元からポジティブ思考ではあったけども、食事改善をしてから無駄な心配をしなくなったし、冷静に物事を考えたり対処出来るようになりました。

一番大事なのは自分に合った美ボディメイクメニューを見つけること

筋トレとか有酸素運動などは、自分のペースや目的に合わせてメニューを考えましょう。

最初からハードな運動やトレーニングをしても、苦しいと感じて長続きはしないので最初はスローペースから始めて、楽しくなってきたら時間を長くするとかハードなトレーニングにシフトするのがベストです。

こちらは別メディアで執筆させて頂いてる記事ですので、美ボディメイクのスタート前に参考資料としてぜひお読みください。

https://beauty.eclamo.jp/bodymake/1439/

美ボディメイクの食事方法も自分に合ったものを探す

食事改善といっても、その食事方法は様々です。

わたしは調べあげていいかもと思った食事方法すべてやってきました。

自分の体で人体実験してきた食事方法はこちらです。

おすすめNo.1 ナチュラルハイジーン

ナチュラルハイジーンは個人的におすすめです。

  1. 食べてはいけないものは基本なし
  2. 食事をとる順番と時間に気をつける
  3. 食べる食材の割合

この3つに気をつけるだけだから、食べることが好きな人にはとってもストレスフリー。

ナチュラルハイジーンとは

ナチュラルハイジーンは体のサイクルに合わせて、食事をしていく食事方法です。食事をしたときに体内では消化・吸収・排出と消化器官が働きますが、この一連のシステムはかなりのエネルギーを使います。体内のサイクルにあわせてより負担を軽減させた食事法です。

4:00am〜12:00pm 排出の時間 朝食は消化の良いものを食べる:フルーツ・野菜などをメインに

12:00pm〜20:00pm 消化の時間 ランチ・夕食はこの時間帯にとる 食事の際は消化の早い順に野菜→穀物→肉・魚類と食べる。

20:00pm〜4:00am 吸収の時間 この間は何も食べないのがベスト

このように食事制限はないので簡単です。

食事の順番もサラダから食べればいいだけで、消化に比較的時間のかかるお肉類は終盤に食べるだけです。

朝はプロテインシェイクとか、プロテインスムージーにしてしまえば腹持ちがいいので、無理に卵料理とか作らなくていいので逆に楽です。

チーズ好きにはむかない ベジタリアン・ビーガン

最近日本でも増えてきたベジタリアンやビーガン、レストランやカフェでもビーガンまでいかなくてもベジタリアンメニューを見つけることができます。

ベジタリアンが食べないもの、食べていいものはこちらです。

  • 肉(ビーフ・チキン・ポークに限らず動物の肉はすべて)
  • 野菜・フルーツ・ナッツ類など&植物性のものであればすべてOK
  • チーズなどの乳製品

ビーガンが食べないもの、食べていいものはこちらです。

  • 肉(ビーフ・チキン・ポークに限らず動物の肉はすべて)
  • 動物性のエキスや成分が入っているものすべて(コンソメも鶏ガラがはいっているのでNG)
  • チーズ・ヨーグルト・牛乳などの乳製品やバター・ギーなどの動物性脂質
  • 野菜・フルーツ・ナッツ類など&植物性のものであればすべてOK

ベジタリアンはまだチーズはギリギリセーフなのです、なぜなら動物を殺してはいないので。

ビーガンは動物性のものはすべて食事に入っていてはいけないので、チーズが大好きなわたしにはかなり厳しく食べれないことがストレスになったのでやめました。

糖化に注意 フルータリアン

故スティーブ・ジョブズもフルータリアンでしたが、フルータリアンはフルーツしか食べません。

食べるものすべて果物のみです。

消化はいいしビタミン・ミネラル・食物繊維もありますが、気をつけたいのがなんといっても糖質です。

糖質のとりすぎは言わずともわかると思いますが、脂肪のもとです。

タンパク質の摂取量がかなり減るので、体では筋肉も生成されにくいのでさらに拍車をかけます。

そして糖質をとりすぎると、”糖化”といって精神的にもうつになりやすくなってしまいます。

実際フルータリアンを実践したときに、うつ症状のようにすべてに悲観的になったりやる気がでなくなりました。

勘違いされてる 低糖質&糖質抜きダイエット(Low Carb Diet)

某プライベートフィットネスジムで知られるようになった、低糖質ダイエット

糖質を抑えることで体重が減る、と簡単に捉えてる方が多いかと思います。

もちろんフルータリアンの章でも伝えましたが、余った糖は体脂肪となって蓄積されるので、糖分のとりすぎは避けたい。

ただ低糖質&糖質抜きダイエットをするなら一生続けるか、やめた後は運動量を増やすなどしないとリバウンドします。

スイーツやお菓子を思う存分食べていいということではありませんが、上質な炭水化物からとれる糖質はとっても大丈夫です。

  • 玄米や雑穀米
  • 全粒粉
  • オーツ麦

これらは食物繊維やビタミン・ミネラルもたっぷりです。

筋トレや運動した際には糖もエネルギーとして必要ですし、傷ついた筋肉繊維の回復に糖質は欠かせません。

極度な糖質(主に炭水化物に含まれる糖質)の制限は、かえって健康的なダイエットにはタブーになります。

抜くのであれば砂糖などを使った甘い物を抜きましょう。

番外編:不食・7号食・ファスティング・断食・プチ断食

痩せるためにファスティングや断食は絶対やめてください。

リバウンドはもちろん太るだけです。

ファスティング・断食・プチ断食というのは、食事をとらないまたは酵素ジュースなどで最低限の栄養をとって、固形の食物をとらないことで消化器官を休ませるのが目的です。

もちろん固形の食物をとらないので、体重は減りますがそもそも体重を減らすための食事方法ではありません。

7号食とは

7号食は7日間酵素玄米のみを食べるファスティング方法です。この7日間の後は回復食といって、1日ずつ具なし味噌汁・具あり味噌汁・味噌汁+菜食1品・味噌汁+菜食2品・味噌汁+菜食2品+タンパク質 と徐々に食べる食材の内容を増やしていきます。本来食べるれる酵素玄米の量は1日茶碗1杯ほどですが、慣れていない場合は3食を酵素玄米を茶碗1杯に置き換えてもよし。水は飲んでもいい。

ファスティンや断食は体内サイクルを整えるためのものなので、なるべく運動とかは控えてとにかく体を休める。

好転反応で頭痛や風邪のような症状も時にはでますが、体から不要なものを出すためのデトックスなので、心配になる必要はありません。

不食は短期間とかでやる断食とかそういうものではありません。

食事を一切しないことを不食といいます。

スピリチュアルな観点ですが、この世界は氣(プラーク)で成り立っています。

ちょっとサイエンスな観点でいえば素粒子です。

美ボディメイクにはあまり関係ないけども、不食で有名なのが秋山佳胤さん。

たまに水を飲むけどもその他一切食べたり飲んだりしません。

それでも健康そのもので、彼はプラーク(氣・素粒子)をエネルギーとして体に吸収してるんです。

不食で一切食べないからそういう方たちはガリガリでやせ細ってるって思うでしょう?

森 美智代さんという1日青汁1杯で過ごす女性は、20年以上不食してるのにふっくらされてて健康的な普通のおばさまです。

不食も実践してみましたが、友人たちとの食事で飲食できないのがやはり無理でしたね。

お腹が空くという感覚はなくなるまでいきましたが、食べることの喜びをわたしは選びました。

美ボディメイクは本当の自分を見つける手段

美容業をやってきてましたので、美には人の何十倍も敏感で気をつけていましたが、体質改善を美ボディメイクの一貫として行ってからは、ただ体を美しくするだけには収まらないと感じました。

いろんなダイエット方法がある中、むやみやたらに実践すればいいかというわけでもなく。

自分の理想とする美ボディはなにかを知ることで、どんなトレーニングが自分に必要か、どんな食事方法が自分には合っているかを知れるのです。

単に「痩せてきれいになる」では終わりません。

体を美しくするために行うすべての行動は、体のみだけでなく思考も美しくさせます。

そして思考が美しく健康的になることで、人生に対しての態度が変わっていきます。

美ボディメイクは人生を好転させるのです。

LOVE MICA

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる