もっと美人なりたい人必見!運動はダイエットにいいだけじゃない!

美ボディだけじゃない!運動は内から美そのものをつくる!!

「もっとキレイに美しく若々しくいたい!」っていう願望は、女なら誰しももっているはず。

ダイエットを始めるもそうだし、エステに通う・食事改善や新しい化粧品を買うなどいろいろなオプションがありますよね。

実はエクササイズをすることが、ダイエットや美ボディ・美肌を作るだけじゃなくて精神的にも美しく健康的になるのです!

痩せるためだけと思っていた運動や筋トレは、どうして美しさそのものを作っていくのでしょうか?

運動やエクササイズをしたら体で何が起きているか

“運動したら汗をかくから脂肪が燃焼されている”ということは皆さん知っているかもしれません。

  • どんな運動をしたか
  • どれくらいの時間運動したか
  • 運動した際にどれだけ負荷がかかったか

これらの内容によって、体に起こる作用は違ってきます。

有酸素運動と無酸素運動

運動にはまず大きく分けて2つ種類、有酸素運動と無酸素運動があります。

有酸素運動とは

有酸素運動とは、ウォーキング・ランニング・水泳などといったある一定の時間同じ動作を続けて行う運動のことをいいます。

脂肪を燃焼したいなら有酸素運動を長時間すれば、それだけカロリーも消費され脂肪燃焼量も増加します。

ただし有酸素運動では、筋肉を分解してエネルギーとして使用するので、やりすぎは筋肉の減少に繋がります。

マラソン選手とかって長距離を走る体力はあるけど、細いですよね?

筋肉量が少ないと新陳代謝が上がりにくいので、運動をやめてしまうとすぐ太ってしまいます。

無酸素運動とは

無酸素運動とは自重やウェイトを使って、筋肉に負荷をかけて行う筋力トレーニングのことをいいます。

筋力トレーニング(筋トレ)を行うことで、筋肉が発達し筋肉量が増加します。

筋肉量があればあるほど新陳代謝があがるので、普段の生活で掃除なり通勤で歩くなりしているときでも、常に糖や脂肪をエネルギーとして分解し使用していくので、痩せやすく太りにくい体になります。

ただ筋トレで効果があるのは主に筋肉なので、脂肪も一緒に燃焼したいなら有酸素運動と無酸素運動を組み合わせて行うのがベストです。

脂肪の分解が始まるのは15〜20分経ってから

まず脂肪が分解されて燃焼し始めるのは、個人差もありますが約15〜20分経ってからです。

運動し始めは糖をエネルギーとして分解しています。

なので脂肪燃焼をさせてスタイルアップやダイエットをするなら、最低でも20〜30分は運動をするのがベストです。

脂肪燃焼をアップさせるならこちらの記事を参考に♪

運動でかく汗で脂肪燃焼&デトックス

サウナでも汗をかきますが、サウナでかく汗は基本的に体内の水分です。

運動でかく汗は血液中に流れる分解された脂肪を含んでいます。

この汗がでる汗腺はワキ・胸骨・盤周りに多く存在しています。

じっくり運動をしてかくこの汗には、体内の老廃物がたくさん含まれているので脂肪燃焼だけでなく体内のデトックスにもなります。

運動することで脳内ではなにが起きている?

人がストレスなどを感じたときに、脳内では“コルチゾール”というストレスホルモンが分泌されます。

血液中でコルチゾールの濃度が上がると、体が厳戒態勢になり心拍数上昇・物音にも敏感になったりなど、さまざまな反応が引き起こされ、ストレスをそのままにしていると減少するはずのコルチゾールが大量に分泌され続けてしまい、精神的にも身体的にもつらい状態に陥ってしまいます。

実は運動することで体に負担がかかり、このコルチゾールが分泌されてしまうのですが、運動が終わると分泌量が正常に減少されます。

さらに定期的に運動を続けることによって、コルチゾールの分泌量そのものが徐々に減っていくので、運動以外のストレスに対して体が過剰反応しなくなっていきます。

運動することで幸福ホルモンが分泌される

ストレスホルモンであるコルチゾールのほかに、運動をすることで幸福ホルモンの“セロトニン”が分泌されます。

セロトニンはノルアドレナリン・ドーパミンといった興奮要因となるホルモンの作用を和らげて、不安解消させてポジティブな気分をもたらす効果もあります。

ダンス・ジョギングなどのリズムのある運動や、日光を浴びることでもセロトニンが増加されます。

筋トレで幸福ホルモン『セロトニン』増強

実はセロトニンは筋肉中にある物質なのです。

なので筋トレを行って筋力を上げることで、幸福ホルモンであるセロトニンを増強させることができるのです!!

本当の美しさとは

美容業界に15年以上いたので『女性をどうやってさらに美しくする』かはわかっています。

ですが“美しさ”っていうのは一言では語れませんし、人それぞれの美しさがあり、人それぞれ違うからこそ複雑さや素晴らしさがあります。

ただやはりわたしが経験して、様々な女性と出会って関わってきた中で確信したことがあります。

その人の美しさは外見だけではなく内面も掛け合わされて表現されるもの。

どんなに外見を磨いていても、内面である心が不健康だとせっかくの美しさが半減されてしまうのです。

わたし自身も外見の美しさだけに焦点を置いていた時よりも、体と心が喜ぶような食事をとり、外見の美しさ上昇とキープのために、楽しみながら好きな運動をしていったことで、ストレスが軽減され心が健康的になっていったのを実感しています。

運動を“痩せるためだけの方法”にしない

“痩せる”という言葉は本来、『病気などが原因で体のエネルギーが無くなっている』っていう意味だって知ってました?

ダイエットという言葉自体も、本来は

  • 日常の食物
  • 治療
  • 体重調整のための規定食
  • 食事制限

といった食事に関することなのです。

ガリガリに痩せたところで、女性としての美しさやセクシーさの象徴であるカーブ(丸み)がなくなるのは、わたし個人的には“美しい”というカテゴリーにはいりません。

運動をすることでもちろん体脂肪が減るなどで、体重減少はするでしょう。

でも体重の数字だけを気にしたところで、水を飲んだりちょっと食べただけでも1・2kgかんたんに増加する体重は、気分を一喜一憂させてしまうだけです。

それならどんなボディスタイルになりたいかを決めて、それに合わせた有酸素運動と無酸素運動(筋トレ)を行うのがベスト。

運動をすることで、「身も心も健康に美しくなっている!!」というアイデアを植え付けることで、さらに面倒くさいとときに感じてしまう運動も楽しくなるはず!

運動はダイエットや美ボディつくりだけじゃない、健康的なマインドを育てていく最高の『まるごと美人メイカー』なのです!!

さぁさらに“美人”に磨きをかけていきましょう!!

LOVE MICA

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA